動物・鳥

飼い主の元に飛んでくる~フクロモモンガの生態・飼育方法を紹介

投稿日:

飼い主の元に飛んでくるのがかわいい~フクロモモンガの生態・飼育方法を紹介

かわいらしい見た目と、なにより飼い主のもとに飛んでくる様子がたまらないと人気なのがフクロモモンガです。世界中にファンがいて、ある程度飼いやすさもありますので、日本でペットとすることも可能です。そのフクロモモンガの魅力に迫ってみます。

 

【フクロモモンガの生態をチェック!】

モモンガは、小型の哺乳類でアジアやヨーロッパ、北アメリカなどにも生息していて世界のいろいろなところに様々な種が分布しています。日本にもニホンモモンガという種類がいますが、ほとんど見ることはできません。ペットとして人気があるのは、そのうちフクロモモンガでサイズや飼いやすさが人気の理由となっています。

 

フクロモモンガは夜行性で昼間は寝ていることが多く、夜になると巣から出てきて木から木へと移動してエサを探す行動が活発になります。モモンガは全体的に森林ゾーンに生息していることが多く、木のうろなどに巣を作って生活しているケースがほとんどです。前脚と後ろ脚の間に膜があり、それを広げてグライダーのように滑空することができるのが、フクロモモンガの最大の特徴と言えるでしょう。この膜を使って木々の間を飛ぶことができて、地上に降りる必要がありません。こうして天敵から身を守ることができるのです。小さな体ですが、かなりの距離を飛ぶことができて、風などの条件がいいとなんと50メートル程度も飛ぶことができます。家の中で飼っていても、やはりこの本能的な習性が失われることはありません。家具の上などから他の家具や照明などの間に飛んで回ります。

 

フクロモモンガのエサは主に植物性です。フルーツやナッツを始めとする種子を好んで食べますし、野菜も種類によっては食べます。基本はこうした植物性のものですが、小さな昆虫類を食べることもあります。そのため、純粋な草食動物というより雑食と言えるでしょう。ただし、やはりメインとなるのは果実で、エサをあげる場合はフルーツを中心にすると良いでしょう。

 

平均的な寿命は野生の場合5年程度とされています。しかし、飼育場所に気を付けてしっかりとしたエサを与えると10年前後生きてくれます。このサイズの哺乳類としては結構長生きしてくれますので、ペットとして愛情を持って育てるのに適していると言えます。長生きしてもらうためには、エサと飼育環境に気を使わないといけませんので、正しい知識を身に着けて大事に育てるようにしましょう。

 

【フクロモモンガの飼育方法は?】

部屋の中で自由に過ごさせることもできますが、家具の上の方で自由に動き回りますし、家具などにひっかき傷をつけたりフンで部屋を汚してしまうことがありますので、ケージに入れてあげるのが良いでしょう。ただし、夜行性ですので、夜の時間に動けるようにしてあげることが重要です。運動がないとストレスを溜めてしまいますので、飼い主が夜の時間にしっかりと見守ってあげてケージから出してあげるなどの措置を取る必要があります。野生は木のすき間に棲んでいることが多いので、木製の巣箱用意してあげると安心します。中におかくずなどを入れて寝やすいようにしてあげると、安心して巣箱で休んでくれます。

 

フクロモモンガは部屋の中でも飛ぶのが大好きです。そのため、部屋の四方に柱のようなものや背が高めの家具を置いてあげると良いでしょう。慣れてくると、飼い主の方に向かって飛んでくれて手に留まってくれるようになります。とてもかわいい動きで、フクロモモンガを飼って良かったと思える瞬間でしょう。

 

エサは前述のようにフルーツや野菜がメインとなり、昆虫類をペットショップで買ってあげることができます。できるだけ無農薬の安全なものを選んであげましょう。甘いフルーツが大好物ですので、おやつのようにあげて飼い主に慣れさせるためにも利用できます。

 

モモンガは元々野生では警戒心の強い動物ですが、ペットとして飼うと飼い主に慣れてくれます。特にフクロモモンガは集団で生活する習性がありますので、他の種よりも人間に慣れてくれます。こうしたことからも、フクロモモンガがペットとして人気なのです。慣れてくると、自分の方に飛んできてくれるだけでなく、腕や肩で休んだり服の大きなポケットの中で寝たりすることもあります。ただし、ちょっと神経質なところもありますので、無理につかんだり追いかけたりするのは避けた方がいいでしょう。

 

フクロモモンガはペットとしてはマイナーで、ペットショップでもそんなに扱っていません。しかし、飼育方法に気を使えばとても愛らしいペットとなってくれます。他のペットではなかなか味わえないモモンガ特有の魅力もありますので、小動物をペットとして検討しているのであれば候補に挙げることができます。

 

 

-動物・鳥

error: Content is protected !!

Copyright© ネット生物図鑑〜ペット・動物・昆虫・生き物の生態や飼い方を紹介〜 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.